アステキ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アステキ

-社会人の明日を、もっと素敵に-

【ブログを始めて1か月】はてなブログを始めたきっかけを振り返ってみた。

ブログ

f:id:bythesea:20151230013128j:plain

 

年末は最高やなぁ、と思いながら何気なくカレンダーをみたら、

ブログを始めて、いつの間にか1か月が経っていたことに気づきました。

 

そもそも、面倒くさがりの私がブログを書くこと自体が奇跡なんですが、

それはやっぱり、はてなブログとの出会いがあったからこそだと思います。

 
ということで、今回は私をこの世界に誘ってくれた先人達との出会いを、
感謝も込めつつ書いていきたいなぁと思います。

はてなとの出会いはここから始まった

 数か月前まで、はてなブログっていう世界を知らなかったんですよね。

ネットサーフィンは好きなんですけど、どっちかっていうと、
ブログよりベタなHPを見る傾向が強かったんで。
 
 そう思うと自分のテリトリーって、狭かったなーと思います。 
 
ちなみに、どんなサイトを見てたかって言うと、
  • ニュース
  • 企業HP
  • セレクトショップのオンラインショップ(欲しい洋服探し)
  • 食べログ
  • アマゾン(本・漫画のレビューチェック)
  • Naver(歴史・芸能)
  • You Tube(90年代歌手・ジャズ・お笑い・スーパープレイ)
  • 2ch(株式・市況1・市況2)
  • 時々、エロサイト
って感じで、超保守的!
 
なのに、ですよ。
 

何となく9月頃にジョジョで検索かけて、このサイトを見ちゃったんですね。

 

hitode99.hatenablog.com

 

で、「おっ!」と思って、なぜかそのまま、この記事を見ました。

 

hitode99.hatenablog.com

で、こいつは、なぜこんなことしてんだ?、と。
 
そう思いつつ、内容がマジ面白くてw
 
それから、ヒトデ氏のブログを読むようになった、と。
これがはてなブロガーとの最初の出会いでした。
 
で、はてなには「住人」がいるということを知りまして、
どうせなら、自分と同じサラリーマンの書いたものがいいなぁ、
って軽いノリで見たら、衝撃を受けましたね。内容の素晴らしさに。
それが以下のブログ群です。
 

 1.さようなら、憂鬱な木曜日

www.goodbyebluethursday.com

 宮田さんって、賢い方だなぁと思います。

本人はどう思って書いているのか知りませんが、

読者の心が見えているというか、読者がどういうネタでどういう反応を
するのかイメージできている気がします。
文章の言い回し、語調も好きです。
が、一番好きなのは、筆者の「こだわり(価値観)」と図解です。
 

2.ゆとりずむ

lacucaracha.hatenablog.com

はてな住人には超有名!とのことですが、お初で見た私もビックリしました。
広範囲な関心と知識が圧巻!
あぁ、こんな人いるんやなぁって思いました。
好きなコーナーは「経済・社会」。
私立図書館って必要なんだろうか』をはじめ、実用的で勉強になる。
標榜されているポリシー通りのブログですね。
 
3.Literally
デザインも写真も内容も、本当にシュッとしてるブログ。
スマートで都会的!!
ブログのポリシーや仕組みなどが完成されている。
絶対、自分はこういう方向性に行けないんだろうなと思いつつ、
勉強させていただいています。
 

4.私の戦闘力は53マイクロです 

530000micro.hatenablog.com

タイトル・トップページの写真・自己紹介が、濃いですね。
すごいインパクト。
そもそも「意識低い系」というジャンルがあることを
知らなかったんですが、KENさんの意識低いネタは最高に笑える!
それでいて、いろんなブログ研究への意識が高いところが気に入っています。
 
といった感じで、
これらのブログを見るころには、
すっかりはてなのブログを見るのが楽しみになってました(11月頃)。

で結局・・・

ROM専門のつもりだったんですが、
KENさんのブログを見て、なんか
 
「あ、俺もブログやってみよっかな」
 
って思ったのがきっかけです。
なんか、いろんなことを自然体で書いてて楽しそうだなって、思って。
 
 ということで、ブログを初めて1か月少々。
武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)

 

 上記イケダハヤト氏は、毎日書け!と言っているなか、

平均2日に1回しか書けてませんけど、まずはマイペースで続けていきたいですね。
 
と同時に、これからは、もっといろんな先輩住人のブログを見て、
刺激をいただこうと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いします!