アステキ

アステキ

-社会人の明日を、もっと素敵に-

【LINE】シンプルに考えられる人の頭の中を覗いてみた。

物事を難しく考えてしまうこと、ありませんか?

 私は、初めての業務に取り組むとき、プレゼンの構成を考えるときに、

頭の中であれこれ考えてしまいます。

失敗が怖いのか、なんかいろいろと慎重になってしまうんですよね。

そんなこともあり、手に取ったのがこの本。

 シンプルに考える

      シンプルに考える

 

筆者の森川 亮氏は、

筑波大学を卒業後、日本テレビ放送網に入社。

その後、ソニーハンゲーム・ジャパン(現LINE)へと職を変え、

LINEの社長をされた、ユニークな経歴の方です。

この時点で、期待は大!

 

しかも、アマゾンの評価が鬼のように高い!

 

f:id:bythesea:20151012211123p:plain

 「もうこれは買いでしょ!」ってことで、速攻、買いました。

 

で、読んだ感想は・・・

 結論から言うと、結構面白かったです。


何が面白いかっていうと、

シンプルなメッセージもいいんですが、とにかく熱いんですよ、森川さん!

もうこれは、理由を言うより、印象的だったところを挙げた方が、

いいと思いましたので、少しご紹介します。

 

森川流ビジネスの本質

会社にとって一番大切なことは何か?という問いに対して、

森川氏はこう答えます。 

「ヒット商品を作り続けること」

 

つまり、「ユーザーが本当に求めているものを提供し続けること」だと。

では、そのためにはどうすればいいか?

森川氏にとって、その解は「社員」にありました。 

  「ユーザーのニーズに応える情熱と才能をもつ社員だけ集める。

そして、彼らが、何ものにも縛られることなく、その能力を

最大限に発揮できる環境をつくり出す。これ以外にありません。

そのために必要なことだけをやり、不要なことはすべて捨てる」。


森川氏は、ビジネスの本質をそう定義し、

ただこれをやってきただけだと答えています。

この章は、この本の結論というか、森川氏が本書で伝えたい要点です。

あとはそれを具体例で伝えていくような展開でした。


そして、私が個人的に気に入った箇所は、以下のところです。

 

ビジネスの本質は、戦いではない

f:id:bythesea:20151012220207j:plain

  「ライバルからシェアを奪い取れ」「ライバルより値下げしろ」…。

こうした戦いにばかり気が取られるうちに、ユーザーのことよりも

ライバルのことばかりに気が向くようになります。

そして、ライバルに勝つことが目標になってしまうのです。

しかし、ユーザーにとって、それはどうでもいいことです。

ユーザーは、ただ「いい音楽」が聞きたいだけ

なのです。

 

くぅー!そのとおりなんです。わかっているんです。

でも、いつの間にか、ライバルや社内の上層を基準に考えてしまう人間に

なっちゃうんですよね。

でも、こういう本質って、絶対忘れちゃいけないよな、と感じました。

 

森川氏の人間への見方

f:id:bythesea:20151012225605j:plain

  人間は弱い生き物です。

「お金」や「名誉」を与えらえるとそれに満足して、

自らをストレッチして成長するのは難しい。

そして、自分の市場価値より高い「お金」と「名誉」にしがみつく

ようになる。

だけど、その結果、社会では通用しない存在になってしまう。

だからこそ、あえて僕は、厳しい場所に身を置くようにしてきました。

人間は、昨日より今日、今日より明日と

成長できることこそが幸せだと思うからです。

ストイックですよねー。

すっごいワクワクする仕事は全体の20%以下かもしれませんが、

その時の興奮体験は忘れてはいけないなぁと思います。

 

 仕事はしんどくて当たり前 

f:id:bythesea:20151012230451j:plain

  人は誰でも、誰かに認められたいと願っている。

だから、仕事を通じて世の中の人々に喜んでもらったときに、

自分の存在価値を認められたと感じる。それが「幸せ」なのです。

そして、その「幸せ」のためならば、身を削る

努力ができる。

それが、プロフェッショナルだと思うのです。

 

 私は仕事で期待に応える・業務を改善する・効果を上げることが好きです。

そのため、それ相当の労力を伴い、時にはボロボロになることもあります。

だから、ある意味、仕事に対してМだと思ってました。

だが、Мというのは、自分を下げたような言い方だったな、と感じました。


森川氏は、「幸せ」のための努力を「プロフェッショナル」と捉えてますが、
前向きというか、素敵な考え方だなと思いました。

 

やる気のない人のモチベーションは上げない 

  モチベーションを上げてもらおうという人が、

優秀な人たちの足を引っ張ることは問題です。

企業の主力となる優秀な管理職に、モチベーションを上げる

必要がある部下をつけるのが生産的なことでしょうか?

企業にとっても管理コストの上昇を招くだけです。

いい成果を生み出すためには、

優秀な人が余計なことをに惑わされず、

速いスピードで動ける環境が大事です。

 

これは結構、目から鱗が落ちました。

会社の人事って、優秀な人材に多量の仕事を振りつつ、

冴えない部下を育てさせようとさせたり、万能を求めがちですもんね。

強みをさらに強める配置、自分の会社でやってくれたら面白そうです。

 

まとめ

森川氏は、非常にサービス精神のある努力家だと思いますので、

そういうタイプが合わない方にはあまりおススメではありません。

 一方、私はというと、森川氏の考え方と自分の想いを照らし合わせて、

共感したり、ハッとしたりで、楽しむことができました。

 

 全体的には、シンプルに考えるというだけあって、

深く深く掘り下げる話はないです。

その点で、浅い!と物足りなく思う方もいるかもしれません。

 

ですが、立ち読みや図書館でパラッとめくって、

「LINEの社長って、こんな人なんだな」って、わかりやすい構成・内容で

読めるので、それほど損はない本だと思います。

以上。

シンプルに考える

シンプルに考える