アステキ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アステキ

-社会人の明日を、もっと素敵に-

成功する人間はこう考えるのか!会社で上位20%に入る人の法則

書評

f:id:bythesea:20151201002908j:plain

出世の近道は、仕事ができる人の真似をすること

  みなさんは、会社で出世したいと思いますか?

私は、30歳くらいまでは強くそう思ってました。

 

で、アラフォーの今は、そこそこ出世しつつ、

自分の好きなことに打ち込んだり、ゆっくり過ごす時間がほしいなぁ、

と考えています。

 

て言うと、当然、

 

「はぁ?ガツガツ働かないで出世できるわけねーだろ!」

 

って思う人がでてくるんですが、

必ずしもガツガツ働かなくても、そこそこは行けると思います。

 

それは、働き方に緩急があっても、

ポイントを押さえていけば、日本ではそこそこ評価される風土がある、

と考えているからです。

 

では、どうしたら良いかというと、(対社外も同様ですが、)

  • まず、社内環境を客観的に見て
  • 周りが何に困っているのか、何でいがみ合ったりしているのかを観察する。
  • で、「こうしたら、ちょっと良くなるだろう」と思うことを実際にやってみる

   (↑これができない人、めっちゃ多い)

 

って感じで、お世話役になるんです。

こういうことって、「面倒くせーなー」と思うかもしれませんが、

自分からやると結構楽しいんですよね。

しかも、勝手に周りから評価されていくんです。

ちなみに、「仕事ができる人」は、こういったことを自然とやっています。


じゃあ、「どうやったら周りが見えてくるか」ですが、

  • 1つは、自分でできるだけ考える機会を作り、習慣化すること
  • もう1つは、仕事ができる人の考え方を真似すること

だと思います。

 ということで、今回は、私のバイブルの1つでもある、

「仕事ができる人」の特性を非常に上手にまとめた1冊を紹介します!

 

 上位20%に入れる人だけが一生成功する ~会社が必要とする人の成功法則~

上位20%に入れる人だけが一生成功する ~会社が必要とする人の成功法則~

 

立ち読みして、不覚にも衝撃が走った!

  筆者は、横山信治さんという方ですが、
これを読むまで、まったく知りませんでした。

  《横山 信治氏の略歴》
1982年:日本信販(現三菱UFJニコス)に入社。
     営業成績全国最下位のダメ営業マンから全国NO.1営業マンに。
2001年:SBIモーゲージの設立に参加してから10年強で会社を急成長

    させて、SBIモーゲージ取締役執行役員常務に。


じゃー、なんでこの本を買ったのかというと、
立ち読みしてみて、すぐに面白いと思ったからです。

f:id:bythesea:20151201003054j:plain

最初は、「こういうタイトルで中身がないやつ、多いよな」

くらいの気分で手に取りました。

 

が、話がいきなり日本信販で左遷されるところから始まっているんです

これ、結構面白いですよね。

しかも、左遷されているくせに、自分の何がダメだからこうなったのかを

冷静に見ているんです。

 これが、ツボでした。


あとは、上位20%の人の行動とそれ以外の人の行動を比較しているんです。

これ、自分でセルフチェックしながら読めるんで、結構面白い。

この2点で、もう「買いだな」と思いました。  

 

読んだ上での感想

 マジで買ってよかったです。

一番の理由は、自己分析と説明がしっかりしているからです。

 

こういう自己啓発本って、結局、

筆者の考えを自分が納得いくか(落とし込めるか)

だと思うんです。

 

その点で、本書は、上位20%の人間が取る行動に対する理由が、

非常に客観的に、例えも含めて、わかりやすく書かれています。


あと、筆者が自分の弱点に目をつぶらず見つめる姿勢も好き。

いやぁ、ほんと久しぶりに良い本に出会えました。

f:id:bythesea:20151201004829j:plain

本書のハイライト

 最後に、お気に入りの箇所を少しだけご紹介します。

 

1.上位20%の人は、自分を知っている。その他の人は、都合のいい自分だけを知っている。

  ちなみに、自分とは「他者から見た自己像」

  上位20%の人は、自分の取った行動が、他者にとっても、

  会社にとっても良いことなのかを常に考えて行動している。

 

2.上位20%の人は、「忙しい」と言わない。その他の人は、頑張りをアピールしすぎる

  忙しいを連発する人は、仕事の優先順位を把握していない人か、

  自分が働いていることをアピールしたい人である。
  それは、自分の弱さや要領・器量の悪さを主張しているようなものだ。


  一方、上位20%の人は、忙しいと感じた時は、主張するのではなく、

  時間を効率化するか、無駄と思える時間を捨てていく。

 

  3.上位20%の人は、恥をかいて自信をつける。その他の人は、プライドに負ける

 

  上位の人は、実害の少ないリスクは気にしない。

  会議ではどんどん発言するし、好きな人はデートに誘う。

  浅いうち、早いうちにどんどん経験を積んでいく。

 -----------------------------------------------------------------

どうですか?

超、刺さりませんか?

私なんて、3の「恥をかいて自信をつける」には感動しましたよ。

「そうだったのか!!」って感じで。

 

本書は、今でも自分のバイブルになっています。

面白いので、是非、立ち読みしてみてください!

以上。

上位20%に入れる人だけが一生成功する ~会社が必要とする人の成功法則~

上位20%に入れる人だけが一生成功する ~会社が必要とする人の成功法則~