アステキ

アステキ

-社会人の明日を、もっと素敵に-

【年末ジャンボ】なんで宝くじを買いたくなるのか?【心理/罠】

f:id:bythesea:20151129135320p:plain

またこの時期が始まりましたね、「年末ジャンボ宝くじ」。

TVのCM、電車の中や駅に金色ベースのド派手な広告が露出しています。

広告代理店の皆さん、固定的な収入でホクホクしていることでしょう。

羨ましい!

 

そして、宝くじ売り場を見てみると、人だかりがすごい!

買い方を販売員に細かく指定するおっさん。

財布を握りしめて並ぶOL。

みなさん、待ちながらいろいろなことを考えているんでしょうね。

 

「7億あたったら、会社辞めて、不動産買って、家賃収入で暮らしてetc」とか

「値札見ずに欲しい物買って、世界中旅行して、おいしい物食べてetc」とか。

 

いや、わかるよ、その気持ち。わかるんだけどさ。

 でも、ほぼ当たらないやん、そのクジ。

 

宝くじの当選倍率は

「宝くじの1等を当てるより、交通事故で死亡する確率の方が高い」、

というブラックな比較がよくされていますが、

宝くじシミュレーターで計算すると、2015年の年末ジャンボの当選倍率は

以下のようです。

 

等級 当選金額 当選条件 当たる割合 当たる確率 期待値
1等 7億円 組3ケタと
6ケタ
2,000万分の1 0.000005% 35円
1等の
前後賞
1億5,000万円 1等の
同組前後
1000万分の1 0.00001% 15円
1等の
組違い賞
10万円 1等の
組違い
約10万分の1 0.00099% 約1円
2等 1,000万円 組下1ケタと
6ケタを2本
100万分の1 0.0001% 10円
3等 100万円 各組共通
6ケタ
10万分の1 0.001% 10円
4等 5万円 各組共通
下4ケタ
1万分の1 0.01% 5円
5等 3,000円 各組共通
下2ケタ
100分の1 1% 30円
6等 300円 各組共通
下1ケタ
10分の1 10% 30円
70周年
記念賞
70万円 各組共通
6ケタを2本
5万分の1 0.002% 14円

 

確率低っ!!

現実味のあるのは、3,000円の100分の1くらいからでしょうか。

でもね、そこがミソですよね。

 

10枚買ったら300円当たる仕組みがエグイ

 人間、みんなお金が大好きだと思います。

もちろん、私も大好き!

 

でもね、買っても買ってもなかなか当らないくじだったら、

約7000万人もの国民が買わないと思うんですよ。

「あれ買っても、無駄じゃん」とか「100万人に一人とかアホかと」って感じで。

 

やはり、簡単に当たる300円の存在がデカいですよ。

あいつが購入への心のバリアーを溶かしてますよね

f:id:bythesea:20151129141214p:plain

 

宝くじ購入心理を経済学で語る

 ちなみに、宝くじ購入の心理を経済学的視点で見ると、
これまた面白いです。

f:id:bythesea:20151129140511p:plain


この「確立ウェイト関数」は、

提示された確率を消費者が心の中で変容させることを可視化したもので、

「ごく微小な確率の時はより大きい方向へ修正し、反対に確実な方では

確率を引き下げる」のが特徴です。

 

簡単に言うと、

確立がめっちゃ低いものは、実際の確立より高く考えてしまうってこと。


宝くじなんて、まさにぴったりでしょ?


実際の確立が超低いゾーンにあるけど、みんなの期待値ハンパないもんね。
こういう見て、ちょっと冷静に考えた方がいいですよ。

 

心理を巧みに利用したこのギャンブル、あなたは乗る?

 年末ジャンボの設計って、すごいですよね。

  • 日本人が一番お金を消費する12月に販売
  • 発表も大晦日という締めの日(ハズレても水に流せる気分)
  • 一発逆転が簡単にできる(買うだけ)設計が大衆にうける
  • 販売する国にとっては税金になる。販売する銀行も収入になる。
    宣伝する広告代理店も儲かるから、煽りまくる。

 

これもう、罠ですよ。完全に。

 

ちなみに、

私はこんな割に合わないものは買う気がさらさらなくて、
同じようにリスクを背負うにしても株やFXの投資で楽しんでます。

 

 どうしても買いたい人は、3000円買って300円戻る遊興費と割り切って
消費した方がいいですね。

大概、2700円損するわけですから。

以上。 

宝くじ(超)当せんデータ「当たる人のルール」がわかった

宝くじ(超)当せんデータ「当たる人のルール」がわかった

 

  

なぜ人は宝くじを買うのだろう 改訂版―確率にひそむロマン (DOJIN選書 3)

なぜ人は宝くじを買うのだろう 改訂版―確率にひそむロマン (DOJIN選書 3)